子供のサッカーが上達する親の気持ち

  • 2013/06/06(木) 03:52:36

昨日は、W杯アジア最終予選でオーストラリア対日本のサッカー試合が埼玉スタジアムで行われた。


今回、前売りチケットを買えなかったのが非常に残念だ。

当方は現在、出張ホストであるが以前はお店で下済み経験を踏み在籍していた時期もあった。

毎月、月末になると店のNO1ホストを決める売り上げを競っていた時期が懐かしい。

その当時から付き合いが深い女性がいる、彼女は月末になるといつも当方を助けてくれた、売り上げにも協力してくれた。


実は彼女は若くしてバツイチの子持ち母になり子供を養っていくためキャバクラで働きNO1のキャバ嬢なった。


夜遅くまで幼い我が子を深夜の託児所にあづけながら稼ぎ頭となった女性だ。


現在の当方と彼女、関係は客としてではなく、男女の親友関係にある。


そんな彼女の子供が小学生になり少年サッカーチームに入りサッカーの練習に夢中だ。


本来、昨日行われたW杯アジア予選のチケットが取れていれば3人で試合を見に行く予定だった、子供が楽しみにしていたのに期待を裏切ってしまった。


そこで、昨夜は当方のマンションに2人を招きピザの配達を頼みリビングでテレビの前でW杯を観戦した。

結果は、引き分けとなったが日本がワールドカップ出場の権利を得たのは国民的には嬉しく本番が来る日の楽しみができた。

彼女の子供はサッカーボールを持参し日本代表のユニホームまで着て応援するサッカー少年だ。

試合が終わると、リビングのデスクに置いてあるパソコンを子供が触りだした、え〜小学生の子供がパソコンを操作できるの?

ちょっとビックリした、といゆより現代の子供は当り前の様子だ。


おじさん、ほら見て〜


僕が好きなサッカー選手、城彰二だよ〜

これにも驚きを隠せない、なぜ小学生の男の子が城彰二を知っているのか?


僕も将来は大きくなったらサッカー選手になるんだ〜と男の子らしい夢をつぶやく姿を見て父親がいない親子でも幸せに生きているんだな〜


何やらネットを見ている子供は母親にDVDをせがんでいる、僕これ欲しい!

ママ〜誕生日に買ってね!

親子の会話を目の前で聞いていた当方は、いてもたってもならず、よっし!

そんなに欲しいならオジさんが今が買ってあげる!


子供サッカー上達

これが子供に人気があるらしい 子供サッカー上達 DVD

今、注文をすると城彰二のサイン入りの何かがオマケでもらえるみたいで子供は大喜びだ。

城彰二といえば子供の頃からサッカーはずば抜けて上達が早かったらしい、

高校サッカー時代には鹿児島実業サッカー部在籍で、当時、清水商にいた川口能活がキーパーのポジションで互いに対戦したほどだ。


また、城彰二がプロサッカー界に入るとアトランタオリンピックアジア最終予選決勝の韓国戦ではオーバーヘッドを決める活躍ぶりが印象的だ。

そんな彼が現役を引退し、現在はサッカーのコメンテーターとして時折テレビでも見かける。


もう一つの彼の姿は、少年サッカーの指導者でもあり子供のサッカーが上達する方法は彼が一番理解しているのではないかな。

しかし、全国から城彰二に直接指導してもらうのはさすがに無理がある。

彼が普段、子供達にサッカーを指導している内容をDVDに収録しサッカー上達法がDVDで学べるというわけだ。

サッカーを上達するため練習に沿ったメニューに夢中になる我が子を想う母親の気持ちも理解できる。

独身の当方は子供を見てちょっと羨ましい限りである。