期待ハズレ!最後から二番目の恋スペシャルの感想

  • 2012/11/03(土) 14:14:19

「最後から二番目の恋」スペシャル秋2012の放送日を楽しみにず〜と待っていた!


放送日の11月2日の金曜日が昨夜やっと来た〜


昨夜は常連客のマンションで女性と一緒に「最後から二番目の恋」ドラマを二時間観た。

前作のシリーズから連ドラをず〜と観ていたのでDVDセットも買ったほど俺はこのドラマのファンだ!

というより同じ40代とう世代でかなり共感ができるのでドラマを観るたびに心が癒される。

特に俺は昔からキョンキョンのファンでもあり、昭和の時代、中学生だった俺は「明星」といゆ雑誌もよく買いあさって読んでいた。

当時は早見優、松本いよ、松田聖子、たのきんトリオ(マッチ、トシちゃん、よっちゃん)が出ていた。


【最後から二番目の恋スペシャル残念なシーン】


脚本家の役を演じたリリー、彼はこの役にはふさわしくなかった。

ドラマとはいえ、偉そうな態度にキザなセリフまでも言う〜

キョンキョンを千秋と何回もひつこく呼び捨てする、しかも千秋の住まい鎌倉の古民家でサスペンスの台本を書く!?

ここまでは良しとするが、彼氏でもない脚本家の男がキョンキョンを千秋と呼ぶか?

しかも、キザなセリフでマリコと千秋にセックスを例にとりサスペンスの世界を語る。

Tシャツとスエット姿はいいが、肩幅もなく下半身はペ●スが小さそうで見た目はかなり軟弱そうな男にしか見えない!

自分はいかにもセックスに強く女経験が豊富みたいなことを千秋とまりこの前でかもし出しているシーンがダメ!

ソファーに寝そべりながら軟弱男が千秋を口説いているかのようなセリフもあり、

あわやこのまま二人はベットインするかと思い一瞬はハラハラしたぞ〜

思わず、俺は心の中でこう叫んだキョンキョン〜ちょっと待て!その男と寝てはならぬ!

あわやのシーンだ、キョンキョンのファンとしては許せない。

同じ昭和男の中井貴一(和平)となら納得だ!

個人的な意見をいうと今回のスペシャル版で脚本家の役は「ビートたけし」が演じてくれたらもっといい味が出たのではないか?

女に熟知した「たけし」であれば、あのセリフを言ってもかなり信憑性がある。


【良かったシーン】

貴一(和平)がホテルで恋愛を駆け引きに商談を自ら取り下げた。

役所内での上司と自分の手柄も関係なくそれをブッチした男らしさだ!

萬田久子がその場を立ち去る最後に「貧弱物」と捨てセリフを残した、

それを裏で聞いていたキョンキョンは和平をステキだったと称えた。

その後さりげなく二人は結ばれた、これぞまさしく昭和時代に活きた大人の恋愛だぞ!

やっぱりこのドラマは中井貴一と小泉今日子、素の姿がなにげなく演じられていることが醍醐味だ。

最後に「また、いつか」とメッセージがあったが今度は冬スペシャルでもやってくれるのかな?

このシリーズは是非続けてもらいたい願いである!